いのちいっぱいの花を

 

 

たった一度の人生なので、精一杯自分らしく生きていきたい。

迷い道の日々もあるけれど、根っこのままでなく、

小さくてもいいから花を咲かせてみたい。